指定都市市長会・中核市市長会・全国施行時特例市市長会 勉強会(平成27年度第2回)を開催しました

三市長会連携事業の一環として開催し、全国の指定都市、中核市、施行時特例市から約30名の職員が参加しました。

1 日 時 平成28年2月2日(火)
2 場 所 時事通信社
3 テーマ 「ポスト地方創生のヒント~大変な時代の自治体運営」
4 講 師 地域開発研究所主任研究員 牧瀬 稔 氏

DSC_0260

2016年02月02日

政府は、呉市及び佐世保市を中核市にする政令を決定し公布しました

11月27日の閣議で政府は、呉市及び佐世保市を中核市に指定する政令を決定し、12月2日に公布されました。
これにより、平成28年4月の呉市及び佐世保市の中核市への移行が正式に決定しました。

呉市ホームページ
http://www.city.kure.hiroshima.jp/kureinfo/chukakushi_0100.html

佐世保市ホームページ
http://www.city.sasebo.lg.jp/gyokaku/chukakushi.html

2015年12月02日

指定都市市長会・中核市市長会・全国施行時特例市市長会 勉強会(平成27年度第1回)の開催について

11月20日(金)、東京都内において、三市長会連携事業の一環として本年度第1回の指定都市市長会・中核市市長会・全国施行時特例市市長会 勉強会を開催し、全国の指定都市、中核市、施行時特例市から約50名の職員が参加しました。

1 開催日時:平成27年11月20日(金)
2 開催場所:時事通信社
3 講演会「今、求められる政策~人口減少時代の地方行政~」
4 講師 時事通信社編集委員 小林伸年氏
5 意見交換テーマ
 「自治体活性化のための方策検討~ないものねだりではなく強みを生かす」
 「あるべき都市間連携について」 等

2015年11月20日

中核市市長会・全国施行時特例市市長会 役員市長と経済同友会との意見交換会

平成27年11月17日(火)、東京都内で「中核市市長会・全国施行時特例市市長会 役員市長と経済同友会との意見交換会」を開催しました。
各会からの活動報告の後、「中核市・施行時特例市における地方分権の現状と課題」をテーマに権限や税財源の移譲、都市制度(国と地方のあり方)、地方創生について、活発な意見交換が行われました。

活動報告
【中核市市長会】
・中核市市長会の組織と活動について
・11月16日に実施した国への提言活動について
【全国施行時特例市市長会】
・全国施行時特例市市長会の組織と活動について
・中核市移行の状況について
【経済同友会】
・2015年2月24日提言「知事・市町村長は“地域経営者”となれ」の説明
・2015年度の地方分権委員会の活動概要および、地方グループの体制説明

<意見交換の様子>
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015年11月17日

自民党、公明党、内閣府、総務省、厚生労働省及び文部科学省へ提言活動を行いました

全国施行時特例市市長会秋季総会(11月4日開催)で決議をした要望書等について、自民党、公明党、内閣府、総務省、厚労省及び文部科学省へそれぞれ提出し、提言活動を行いました。

【提出書類】
中核市移行に向けた支援を求める要望
地方分権の確立に向けた財源確保に関する要望
地方分権改革に関する提案募集方式の制度改善を求める提言
教育現場の実態に即した教職員定数の改善・充実に関する緊急要請

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

○自由民主党
対応者 新藤 義孝 政調会長代理
提言者 泉 明石市長、深澤 鳥取市長、山﨑 茅ヶ崎市副市長、細田 つくば市副市長
提言書 中核市移行に向けた支援を求める要望
      地方分権の確立に向けた財源確保に関する要望

DSCN2744

 ○公明党
対応者 石田 祝稔 政調会長、桝屋 敬悟 政調会長代理、浮島 智子 文部科学部会長、佐藤 英道 農林水産政務官
提言者 服部 茅ヶ崎市長、泉 明石市長、加藤 小田原市長、細田 つくば市副市長、羽場 鳥取市副市長
提言書 中核市移行に向けた支援を求める要望
      地方分権の確立に向けた財源確保に関する要望

DSCN2746
○内閣府
対応者 石破 茂 地方創生担当大臣
提言者 服部 茅ヶ崎市長、泉 明石市長、細田 つくば市副市長、羽場 鳥取市副市長
提言書 地方分権改革に関する提案募集方式の制度改善を求める提言
※中核市市長会との共同提言

DSCN2733
○総務省
対応者 森屋 宏 総務大臣政務官
提言者 服部 茅ヶ崎市長、泉 明石市長、加藤 小田原市長、細田 つくば市副市長、 羽場 鳥取市副市長
提言書 中核市移行に向けた支援を求める要望
      地方分権の確立に向けた財源確保に関する要望

DSC_0043
○厚生労働省
対応者 堀川 春男 健康局健康課地域保健室長
提言者 服部 茅ヶ崎市長、泉 明石市長、加藤 小田原市長、細田 つくば市副市長、羽場 鳥取市副市長
提言書 中核市移行に向けた支援を求める要望

DSC_0038 
○文部科学省
対応者 前川 喜平 審議官
提言者 泉 明石市長、羽場 鳥取市副市長
提言書 教育現場の実態に即した教職員定数の改善・充実に関する緊急要請
※中核市市長会との共同提言

2015年11月16日

平成27年度秋季総会を開催しました

11月4日(水)、5日(木)、太田市において、全国施行時特例市市長会秋季総会を開催しました。
秋季総会前の基調講演会では、総務省自治行政局市町村課長の海老原 諭 氏をお招きし、「中核市制度 連携中枢都市圏について」と題してご講演をいただきました。
 秋季総会では次の報告・協議事項について提案し、いずれの議案も承認されました。

1 報告事項
・報告第1号 平成27年度地方分権推進部会 活動中間報告
・報告第2号 平成27年度財源確保推進部会 活動中間報告
・報告第3号 平成27年度中核市に関する研究会 活動中間報告
・報告第4号 平成27年度事業中間報告 

2 協議事項
・議案第1号 平成28年度事業計画及び負担金について
・議案第2号 中核市移行に向けた支援を求める要望について
・議案第3号 県費負担教職員の人事権等に関する今後の活動方針について
・議案第4号 地方分権改革に関する提案募集方式の制度改善を求める提言について
・議案第5号 地方分権の確立に向けた財源確保に関する要望について

DSCN2681

会長(服部 信明 茅ヶ崎市長)挨拶

DSCN2647
会場市(清水 聖義 太田市長)挨拶

DSCN2668
基調講演
「中核市制度 連携中枢都市について」
講演者 総務省自治行政局市町村課長 海老原 諭 氏

DSCN2699 
総会の様子

2015年11月05日

中核市に関する研究会を開催しました

平成27年10月19日(月)に、中核市に関する研究会を開催しました。
会議概要は次のとおりです。

○基調講演
 テーマ「中核市制度について」
 講師 総務省自治行政局市町村課長 海老原 諭 氏
○意見交換
 (1)「中核市移行に向けた支援を求める要望(案)」について
 (2)中核市に関する研究会の今後の取組について
 (3)その他

DSCN2571
           基調講演会の様子

DSCN2582

            研究会の会議の様子

2015年10月19日

指定都市市長会・中核市市長会・全国施行時特例市市長会 共同提言について要請を行いました

平成27年10月16日(金)、同日に開催した「指定都市市長会・中核市市長会・全国施行時特例市市長会 会長・連携担当市長会議」で決議された「地方創生及び地方制度改革推進に向けた共同提言」について高市早苗総務大臣に要請を行いました。

地方創生及び地方制度改革推進に向けた共同提言

SONY DSC

左から、泉 明石市長、服部 茅ヶ崎市長、林 横浜市長、高市 総務大臣、篠田 新潟市長、吉田 横須賀市長

 

2015年10月16日

内閣府、文部科学省へ要請活動を行いました

日時:平成27年6月10日

全国施行時特例市市長会と共同で、「教育現場の実態に即した教職員定数の充実に関する緊急要請」を内閣府及び文部科学省へ提出し、要請活動を行いました。

H270610yousei-1

≪提出書類≫

教育現場の実態に即した教職員定数の充実に関する緊急要請.pdf

 ≪提出先≫

内閣府 政策統括官(経済財政運営担当) 前川 守
文部科学省 初等中等教育局長 小松 親次郎

 

≪提言参加・中核市市長会及び全国施行時特例市市長会役員市長≫

中核市市長会 会長 仲川 げん(奈良市長)
全国施行時特例市市長会 会長 服部 信明(茅ヶ崎市長)
副会長 泉 房穂(明石市長)

 

H270610yousei-2 

左側、手前より服部信明茅ヶ崎市長(全国施行時特例市市長会会長)、仲川げん奈良市長(中核市市長会会長)右側、前川守内閣府政策統括官(経済財政運営担当)

H270610yousei-3

左より泉房穂明石市長(全国施行時特例市市長会副会長)、服部信明茅ヶ崎市長(全国施行時特例市市長会会長)、仲川げん奈良市長(中核市市長会会長)、小松親次郎初等中等教育局長

2015年06月10日

自由民主党、公明党へ要請活動を行いました

日時:平成27年6月9日(火)

全国施行時特例市市長会と共同で、「教育現場の実態に即した教職員定数の充実に関する緊急要請」を自由民主党及び公明党へ提出し、要請活動を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

≪提出書類≫

教育現場の実態に即した教職員定数の充実に関する緊急要請.pdf

≪提出先≫

自由民主党 政務調査会科学技術・イノベーション戦略調査会長 渡海 紀三朗
公明党 政務調査会文部科学部会長 浮島 智子
衆議院文部科学委員会委員 吉田 宣弘
政務調査会文部科学副部会長 中野 洋昌
参議院文教科学委員会委員 新妻 秀規

≪提言参加・中核市市長会及び全国施行時特例市市長会役員市長≫

中核市市長会 会長 仲川 げん(奈良市長)
監事 山本 龍(前橋市長)
全国施行時特例市市長会 副会長 泉 房穂(明石市長)

 

H270609yousei-2

左側渡海紀三朗自由民主党政務調査会科学技術・イノベーション戦略調査会長、右側奥より泉房穂明石市長(全国施行時特例市市長会副会長)、仲川げん奈良市長(中核市市長会会長)、山本龍前橋市長(中核市市長会監事)

H270609yousei-3

左から中野洋昌公明党政務調査会文部科学副部会長、仲川げん奈良市長(中核市市長会会長)、浮島智子公明党政務調査会文部科学部会長、吉田宣弘衆議院文部科学委員会委員、新妻秀規参議院文教科学委員会委員

2015年06月09日
1 2 3 4 5 6 7 8 9